PR

高性能サーバーから廉価サーバーまで幅広く対応し、事実上の寡占状態にあるインテルのプロセッサ。その間隙を突く形で、非インテル製プロセッサの挑戦が始まった。米IBMを中核とする高可用性サーバー向け高速プロセッサ陣営と、英アームを中心とする省電力プロセッサ陣営が、インテルをはさみ込むように攻勢をかける。新たな陣取り合戦の実態を探る。

(浅川 直輝)


【無料】特別編集版(電子版)を差し上げます 本記事は日経コンピュータ10月25日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「CloseUp」の全文は、日経BPストアの【無料】特別編集版(電子版)で、PCやスマートフォンにて、10月30日よりお読みいただけます。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 サーバー向けプロセッサ市場の寡占状態を崩せ──。米IBMや英アームなどが米インテルに真っ向勝負を挑んでいる。従来のようなすみ分けでなく、プロセッサの陣取り合戦が始まった()。

図●相次ぎ登場する非インテル製プロセッサ
図●相次ぎ登場する非インテル製プロセッサ
インテルのXeonプロセッサがカバーする領域の外から勝負を挑む

 非インテル勢は、インテルの戦略にほころびが生じているか、手薄になっている分野を重点的に攻める。前者の例は、高可用性が求められる基幹系システム向けプロセッサだ。インテルの基幹系システム向けプロセッサであるItaniumは失速状態。米IDCによれば、Itaniumサーバーの出荷金額は2009年は40億ドル(3100億円)だったのに対し、2011年は30億ドル(2300億円)に落ち込んだ。

 インテルはXeonプロセッサの上位版E7シリーズの高可用性機能を高めItaniumの穴を埋めようとするが、その間にIBMなどは着実に処理性能を高めていった。

 後者の例は省電力サーバー向けだ。インテルが消費電力10ワット以下の領域をカバーできていない間に、「10ワット以下」をうたい、アームの小規模・省電力コア(スモールコア)を搭載したARMプロセッサが相次ぎ登場した。

両極端の路線で攻める

 打倒インテルを目指すプロセッサベンダーやサーバーベンダーの戦略は大きく二つある。一つは、プロセッサやサーバーの単体性能を限界まで引き上げる「ハイパースケールアップ」。基幹系システム向けプロセッサを提供するIBMやオラクル、富士通は、この戦略を採る。

 もう一つは、省電力に優れるスモールコア型のプロセッサを高密度に集積させる「ハイパースケールアウト」だ。省電力サーバー向けプロセッサを提供するARM勢がこの戦略を採る。「ここ1~2年で、スケールアップとスケールアウトのどちらに投資するか、ベンダーの色分けが明確になってきた」とガートナー ジャパンの亦賀忠明最上級アナリストは語る。

IBMは世界最速プロセッサ投入

 ハイパースケールアップは、オンライントランザクション処理など基幹系システムの処理性能を高められることや、数千台の仮想サーバーを1台の物理サーバーに集約できるといった利点がある。

 この路線を主導するIBMは8月、POWERアーキテクチャーに基づく最大動作周波数4.4GHzのプロセッサ「POWER7+」や、POWERの演算回路を組み込んだ同5.5GHzのメインフレーム向けプロセッサを発表した。5.5GHzは、汎用プロセッサとして世界最高速である(10月中旬時点)。


続きは日経コンピュータ10月25日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。