PR

フラッシュメモリーを活用したストレージ製品が猛スピードで進化している。専用OSを搭載し、信頼性や性能を格段に高めた「PCIeカード型」や「オールフラッシュアレイ」などだ。これら新分野では、新興ベンダーがいち早く製品を投入し、老舗ベンダーが対抗する展開となっている。フラッシュメモリーが変えるストレージの最新動向を探った。

(森山 徹)


【無料】特別編集版(電子版)を差し上げます 本記事は日経コンピュータ6月13日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文は、日経BPストアの【無料】特別編集版(電子版)で、PCやスマートフォンにて、6月19日よりお読みいただけます。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 「ハードディスク(HDD)換算で約4000個分のI/O性能を1Uサイズで実現した」。日本IBM ストレージ事業部 ソリューション部長の佐野正和氏は、2013年4月に発表したオールフラッシュアレイ「IBM FlashSystem」の高性能に胸を張る。オールフラッシュアレイは、フラッシュメモリーのみを搭載したストレージだ。

 フラッシュメモリーの活用は、これまでもSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)として可能だった。しかし、それはHDDの代替であり、フラッシュメモリーに最適化されてはいなかった。これに対して、最近のオールフラッシュアレイやPCIeカード型の製品は、フラッシュメモリー向けの専用OSを搭載し、性能や信頼性を格段に引き上げている()。

表●「PCIeカード型」と「オールフラッシュアレイ」の製品例
[画像のクリックで拡大表示]
表●「PCIeカード型」と「オールフラッシュアレイ」の製品例

 こうした新分野を切り開いてきたのは米Fusion-ioや米Pure Storage、米Violin Memoryといった新興ベンダーだ。「新興ベンダーが、フラッシュメモリーに最適化したアーキテクチャーを持つストレージ製品を市場に投入したことで、米EMCや米IBMといった大手ベンダーは対抗上、オールフラッシュアレイを手掛けざるを得なくなってきた」(IDCジャパン リサーチ第1ユニットの森山正秋氏)。

 先のIBMのオールフラッシュアレイは、2012年に同社が買収した米テキサス・メモリー・システムズ(TMS)の製品をベースにしている。EMCは現在「XtremIO オールフラッシュアレイ」を開発中で、米NetAppもオールフラッシュアレイの新製品「FlashRay」を2014年1月にリリースする予定だ。

フラッシュでI/O性能を追求

 データアクセスを高速化したいというニーズは今に始まったことではない。データベースやデータウエアハウスに加え、仮想化環境が加わったことが最近の動きだ。1台のサーバー上で多くの仮想マシンを稼働させるので、どうしてもディスクI/Oが性能のボトルネックになってしまう。

 HDD環境でI/O性能を高めるには、HDDの数を増やして分散を図るのが一般的だ。ただしこの手法では、性能を上げるとディスク容量も引きずられて増えてしまう。その結果、設置スペースの無駄や、余計な電力消費が生じる。

 I/O性能を追い求めるなら、フラッシュメモリーに軍配が上がる。フラッシュメモリーの信頼性を高めるための技術が出そろい、SLC(シングルレベル・セル)ではなく、より安価なMLC(マルチレベル・セル)が使えるようになってきたことは、フラッシュメモリー搭載製品にとって追い風だ。今後、ストレージはどう進化していくのか。各ベンダーの製品、戦略を見よう。


続きは日経コンピュータ6月13日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。