PR

 ハードウエア性能の急速な向上、センサーをはじめとするM2M(マシン・ツー・マシン)技術やビッグデータ分析手法の高度化──絶え間なく進化を続けるITは、新たなビジネスや市場を作り出す大きな底力を秘めている。

 既にその萌芽は現れている。人間の1000倍以上の速さで行うデジタル広告や株式売買の取引、完全な無人状態で運転を続ける自動車、ITで完全制御する野菜工場など、金融、広告、自動車、農業、建築、通信といった多様な分野で、ITなしには実現不可能な新市場が現実になりつつある。この特集では、中でも有望視される七つの分野を取り上げる。

 キーワードは大きく二つある。一つは「究極の高速化」。インターネット広告の分野で広がる電子的な“高速オークション”は、その典型例だ。ネット広告枠に広告を掲載する権利をコンピュータ同士が数ミリ秒で入札、落札するリアルタイム・ビッディング(RTB)に注目が集まる。

 マイクロ秒の単位で株式を高速に自動取引する高頻度取引(HFT)も代表例の一つ。実際、証券取引所の高速なITインフラが魅力となり、海外の投資家を日本に呼び込むことに成功した。東京証券取引所では月間売買代金の約半分をHFT関連取引が占める。

 もう一つのキーワードは「究極の自動化」である。ドライバーに代わってITが自動車の運転を肩代わりする自動走行車が代表例だ。自動車の発明から約250年を経て、クルマが「自ら動く」乗り物となろうとしている。2020年に開催される東京オリンピックで、現実になっている可能性もある。

 農業とITを組み合わせ、野菜を工場内で自動生産する植物工場も究極の自動化と言える。既存の露地栽培では作れない、新しい価値を持った野菜がITの力で生まれている。

 本特集で紹介する七つの分野から、ITの可能性をぜひ感じ取ってほしい。ITならではの新市場は今後も創造されていくに違いない。これをお読みのあなたはその担い手になれるだろうか。

(進藤 智則)

◆高速化を突き詰める──リアルタイム・ビッディング、高頻度取引
◆全てをITで自動化──自動走行車、植物工場
◆目が離せない3分野──3Dデータ、BIM、NFV


【無料】特別編集版(電子版)を差し上げます 本記事は日経コンピュータ10月3日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文は、日経BPストアの【無料】特別編集版(電子版)で、PCやスマートフォンにて、10月9日よりお読みいただけます。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

高速化を突き詰める

 加速度的に処理性能の向上が続くコンピュータ。ネット上の取引業務への応用では、今や1秒間あたり何千回もの速さでの自動処理が可能だ。ネット広告のリアルタイム・ビッディング(RTB)や金融の高頻度取引(HFT)は、こうしたコンピュータの「究極の高速化」を生かした新ビジネス、新市場の典型例と言える。

新市場1 リアルタイム・ビッディング
ネット広告の裏で高速取引

 普段、目にするWebサイト。そこで表示されている広告は、実は裏で超高速のオークションを経たものかもしれない。

 Webサイトを利用者が訪れた瞬間に、その利用者に広告を見せる権利を電子的な取引市場でリアルタイムにオークション形式で売り出し、コンピュータが数ミリ秒で入札して自動取引するRTB。この技術が普及し始めているのである。

1日に45億件のオークション

 利用者に広告を見せるかどうかは、広告主側のコンピュータが、その利用者の情報を自動分析して決める。自社サイトを訪れたことがある、自社製品の想定顧客に近い層である、といった場合は「自社製品を購入する可能性が高い」と判断し、高値で入札する。

 利用者が想定顧客から遠いと判断した場合は、安値で入札し広告費を節約する。広告枠の場所や掲載期間ごとに固定価格が一般的だったディスプレー広告の分野に、利用者に応じて価格を変える「変動相場性」を導入した形だ。

 RTBは米国が先行して開始。日本では2011年ごろに始まった。調査会社のシード・プランニングによると、RTBの国内市場は2013年に約300億円で、ネットのディスプレー広告の約1割を占める。RTBの大手事業者のマイクロアドは、約150台の同社サーバー上で1日当たり45億件のオークションを実施している。

 RTBは広告主、媒体サイト双方にメリットを与える。利用者に応じて動的に広告料金を変えられるので、広告主は広告の費用対効果を最大化できる。媒体サイトは、広告枠を最も高値で購入する広告主を自動で見つけられる。

 RTBはITによる究極の高速化があるからこそ実現できた新市場だ。今後、モバイル向けRTBが成長したり、大手ポータルサイトがRTBを導入したりする可能性が高い。RTBはネット広告市場の成長の起爆剤となりそうだ。

ビッグデータ分析も大切

 RTBで処理のスピード以上に重要なのが、「広告主として、『その利用者に広告を見せるために、いくらで入札するのが最適か』を適切に分析する技術だ」と、マイクロアド システム開発部の佐藤由紀部長は話す。

 鍵を握るのは、過去の統計データを利用したビッグデータ分析だ。サイトを訪問した利用者が、広告主の想定顧客にどれだけ近いかを精度高く見極められれば、購入意欲のある利用者に絞って広告を提示でき、広告の費用対効果を最大化できる。

 マイクロアドは1日45億件のRTBのログや、クッキーを利用して取得した利用者の行動履歴を24時間リアルタイムで分析している。分散処理基盤「Hadoop」と100台のサーバーを使う()。

図●マイクロアドのRTB向け分析システム
図●マイクロアドのRTB向け分析システム
ログデータなどを基にしたHadoopによる分析を24時間体制で実施している

続きは日経コンピュータ10月3日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。