PR

 2010年を迎えるにあたり、改めて「情報化」とは何のことか考えようと、インターネットの検索エンジンを使って調べたところ、2009年12月末の段階で1210万件がヒットした。相当使われている言葉である。が、明確な定義はない。多くは「情報化社会」「情報化組織」といった形で使われている。情報のやり取りが活発な社会や組織ということだろう。ただし、これだけでは情報化社会や情報化組織が、投資をしてまで目指すべき理想形なのかどうか、よくわからない。情報をやり取りするのは何のためなのか、目的を明確に記した定義が求められる。素案として、筆者が7年前の2002年10月に、ITproというWebサイトに書いた短文を再掲してみよう。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)