PR

 NECは2012年5月24日、イーサネットを利用してサーバーやワークステーションの構成を拡張できる技術「ExpEther(エクスプレスイーサ)」を商用化した。

 グラフィックスボードやHDD、USB機器、ディスプレーといった周辺機器を、イーサネットケーブルを通じてコンピュータに接続できる()。拡張スロット数や筐体スペースなどに制約を受けず、サーバーの性能を柔軟にスケールアップできる利点がある。将来は、プロセッサやHDDなどのリソースを個別にプールし、必要に応じて割り当てる「ファブリック・ベース・コンピュータ」に道を開きそうだ。

図●イーサネットケーブル経由でサーバーの性能をスケールアップできる
[画像のクリックで拡大表示]

 ExpEtherはNECが2006年に開発した技術。プロセッサと拡張ボードなどを接続する内部バス規格であるPCI Expressでやり取りするデータをカプセル化し、送信元/送信先MACアドレスを割り振った上で、イーサネットの物理層とデータリンク層のみを使って伝送する。

 プロセッサからはExpEtherの存在は見えず、通常の内部バスと同じように扱える。L2スイッチ経由でデータを伝送する場合の遅延は数マイクロ秒ほどで、「ケーブル長が10kmでも、遅延は数十マイクロ秒に収まる」(NEC)という。

 ただし、サーバーを自在にスケールアップする用途に使うには、伝送速度の向上が不可欠だ。今回商用化したExpEtherの伝送速度は最大2ギガビット/秒にとどまる。このためNECは、伝送速度を最大20ギガビット/秒に高めたチップを試作済み。この伝送速度であれば、並列演算処理に優れるGPUボードをイーサネットでサーバーと接続し、サーバー内のプロセッサとGPUを協調動作させることで、サーバーの演算性能を高めることが可能になる。

 NECは今回、サーバーに搭載する専用ボード、周辺機器を接続できる拡張ユニット、映像出力回路などを搭載したシンクライアント端末を商用化、6月22日から出荷する。シンクライアントの用途であれば、現行の伝送速度でも十分に実用域という。

 既に大阪大学への納入が決定しており、ExpEtherを使ったシンクライアントシステム約600台が2012年10月に稼働する。「他社システムと比べて遅延が小さく、インタラクティブ教材の利用に適している」(大阪大学サイバーメディアセンターの東田学助教)。NECはExpEther関連製品で、2012年度から3年間で150億円の売り上げを目指す。