PR

 3次元(3D)のデータを基に、立体造形を短時間に作ることができるプリンター。完成品に近いイメージを確認できることから、新製品の開発現場で試作品を短時間で作り上げるために用いられる。顧客ごとに異なる製品を低コストで作成したりするのにも使われる。今後、低価格化が進んで一般家庭に導入されれば、好みの造形物のデータをインターネット経由で購入し、自宅で製品を“製造”できるようになる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)