PR

 3次元(3D)のデータを基に、立体造形を短時間に作ることができるプリンター。完成品に近いイメージを確認できることから、新製品の開発現場で試作品を短時間で作り上げるために用いられる。顧客ごとに異なる製品を低コストで作成したりするのにも使われる。今後、低価格化が進んで一般家庭に導入されれば、好みの造形物のデータをインターネット経由で購入し、自宅で製品を“製造”できるようになる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
テレワーク大全 注意したい20の問題と解決法

テレワーク大全 注意したい20の問題と解決法

導入の基本から注意点、業務改革につなげる方法まで網羅

「社員が行方不明」「ハンコが押せない」――。3000人に調査した現在のテレワークの実態や、先進企業に学ぶ業務改革、ITツールの便利な活用法などを紹介。次代を担うビジネスパーソン必携の1冊。

『テレワーク大全』の詳細はこちら

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

DXプロジェクトを成功に導く羅針盤!

本書は、複数企業のDXプロジェクトの運営を手掛けてきた筆者が、DXプロジェクトをうまく進めるためのノウハウを豊富な経験を基に解説します。

詳細はこちら