PR

 2013年5月24日、国民一人ひとりに固有の識別番号を割り当てて社会保障給付や納税を管理できるようにする「共通番号(マイナンバー)法」が可決された。
「社会保障・税の一体改革」のための情報基盤を構築し、国と地方自治体の行政システムを初めて連携させる。各個人が利用可能な制度をプッシュ型で案内できるようにするなど、行政サービスの質は確実に変わる。将来的な民間利用への期待も高まる。
マイナンバー改革で何が変わるのか、新しい情報基盤で個人情報は適切に扱われるのか。期待と不安が相半ばする改革の実像を徹底解説する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)