PR

 みずほ証券は2013年8月7日、株誤発注の損失をめぐる東京証券取引所との裁判で、控訴審判決を不服として最高裁判所に上告した。「まだ議論は十分に尽くされていないと考えている」(みずほ証券コーポレート・コミュニケーション部)。裁判は東証の旧・株式売買システムに発注を取り消せないバグがあったことで生じた損失など、約415億円の賠償を東証に求めたものだ。2005年12月の事件発生から7年半。誤発注裁判は東証に約107億円の支払いを命じた一審・控訴審では決着がつかず、最高裁までもつれ込んだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)