PR

 分散バッチ処理基盤として誕生した「Apache Hadoop」を、バッチ処理以外の様々な処理方式に対応させる取り組みが活発化している()。Apacheソフトウエア財団(ASF)が2013年10月、開発に2年をかけた新バージョン「Hadoop 2」の正式版をリリースしたほか、NECや米マップアール・テクノロジーズ(MapR)、米ピボタル(Pivotal)などが独自版Hadoopの強化を進めている。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)