PR

 東日本を記録的な大雪が襲った2014年2月14日~15日。NTTデータのクラウド型学校向け連絡網サービスで障害が発生した。
処理が集中したことで休校や早退などのメッセージ配信が停滞。数百校で処理が滞り、数万人規模の生徒とその保護者が影響を受けた。想定を超えた長時間のアクセスが集中したことで、未発見だったバグが初めて顕在化した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い