PR

 ネットショッピングやネットバンキングなどのWebサイトで広く使われている通信暗号化ソフト「OpenSSL」に深刻な脆弱性(セキュリティ上の欠陥)が見つかった。脆弱性のあるWebサイトでは、細工が施されたデータを送信されるだけで、Webサイトのメモリーに保存されている重要な情報を盗まれる恐れがある。具体的には、そのWebサイトを利用するユーザーがやり取りしているデータやパスワード、そのWebサイトのサーバー証明書の秘密鍵などを盗まれる危険性がある。Webサイトの管理者は、脆弱性のあるOpenSSLを使っているかどうか確認することが急務。一般のユーザーも、自分が利用しているWebサイトの対応状況を確認した方がよい。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い