PR

アジャイル開発は企業向けシステムの開発には向かない──。こんなイメージは今すぐ捨てるべきだ。
ビジネスの変化に俊敏に対応できるアジャイル開発の考え方は、“儲かるシステム”の実現を求められるIT部門に必要不可欠。
このアジャイルの良さを生かしつつ、既存手法の長所を加えた「エンタープライズアジャイル」がこれからの業務システム開発の絶対解として浮上してきた。いち早く効果を体現した企業も登場している。
先進事例や最新手法から実像に迫る。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い