PR

 政府は2015年、成立から12年ぶりに個人情報保護法を改正する。改正の狙いは、飛躍的に拡大した個人データを扱うビジネスをグローバルに展開できるように環境を整えること。これまでプライバシーに十分配慮せずに非難を浴びたりデータの扱いに慎重になりすぎて萎縮したりしていた企業にも具体的な活用の道筋が見えてきた。
購買履歴や位置情報、顔認証データなど、情報の種類によって異なる留意点をひもときつつ、法改正で広がるデータ活用の可能性を明らかにする。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)