PR

 NTT東西地域会社は8月26日,大規模な災害時に運用するインターネット上の伝言板サービスを試験提供すると発表した。サービス名称は「災害用ブロードバンド伝言板web171」。来年9月まで試験的に提供し,実用化を検討する。

 最初に伝言を登録するユーザーはパソコンからインターネット経由で,https://www.web171.jp/にアクセス。自宅の電話番号をキーとして伝言を登録するが,その際には被災地内の番号でなければならない。伝言はテキストだけでなく,音声や静止画や動画などのファイルもアップロードすることが可能。動画なら10Mバイトまでのファイルが利用できるが,状況によってはサイズが制限される。

 登録されたメッセージはインターネット経由で家族や第三者が閲覧したり,追加のメッセージを登録したりできる。携帯電話からも利用できるが,最初のメッセージの登録はパソコンから行う必要がある。なお,メッセージにパスワードを設定することも可能。

 サービスの運用開始については,災害の状況や固定電話のトラフィックの状況などを判断材料とする。普段は利用できないが,8月30日から9月5日まで,随時体験サービスとして運用する。

 東西NTTは既に固定電話の「災害用伝言ダイヤル171」を運用している。災害用ブロードバンド伝言板web171の提供によって「インターネットの普及にあわせて災害時の連絡手段を拡充した。音声以外にも写真や動画像で,状況を伝えられる」(NTT東日本)としている。