PR

 NTTドコモは8月26日,ITXイー・グローバレッジ,シャープ,早稲田大学と共同で開発した赤外線無線通信規格「IrSimple」が,赤外線通信の標準化団体である「IrDA」(Infrared Data Association)の国際標準規格に採用されたと発表した。

 IrSimpleは,従来の赤外線通信規格であるIrDA方式のプロトコルを効率化。データ転送速度を4~10倍に高速化した。現在多くの携帯電話機が採用しているIrDA-115k方式の通信速度は最大115.2kビット/秒であるのに対して,IrSimple-4M方式では最大4Mビット/秒に向上。より大容量のデータ送受信が可能になる。

 例えば携帯電話機がIrSimpleに対応することで,電話番号やメール・アドレス情報の交換などにとどまっていたローカル通信機能で,高精細なディジタル・カメラの画像なども扱えるようになる。

 IrSimpleは,既存のIrDAとの通信も可能。NTTドコモは今後発売する携帯電話機を,同方式に対応させることを検討している。