PR

 野村総合研究所は8月26日,JBossやStruts,MySQLなどのオープンソース・ソフトウエアを組み合わせて信頼性の高いシステムを構築するための基盤「OpenStandia」を開発したと発表した。OpenStandiaは,推奨アーキテクチャやパラメータ設計,構築手順書やテスト手順書などで構成される。同社は9月からOpenStandia導入サービスおよびサポート・サービスを開始する。

 OpenStandiaはJBossやStruts,Apache,Tomcat,MySQL,Linuxといったオープンソース・ソフトウエアを組み合わせて実現されている。「オープンソース・ソフトウエアは商用製品と比較しても遜色ないレベルに達している」(野村総研)。またライセンス料金が不要であるため,コストを抑えることができる。

 ただし,基幹システムを構築するためには不足する機能もある。野村総研では,そういった機能を補うためにStrutsを拡張する「Altostratus」を開発している。Altostratusはデータの一貫性を保障するトランザクション制御,システムが過負荷状態になるのを防止する流量制御,異常トランザクションを強制終了するタイムアウト制御,障害時の待機系サーバ切替処理機などを,ビジネス・ロジックの実行結果を再利用し性能を向上させる拡張キャッシュ機能を提供する。AltostratusはT-Strutsの名称で野村総研が開発しオープンソース・ソフトウエアとして公開したソフトウエアをベースにしている。Altostratusもオープンソース・ソフトウエアとして公開する計画がある。

 OpenStandiaは機能,性能,信頼性,セキュリティなどについて野村総研が検証し,実績のある組み合わせを使用しているため信頼性の高いシステムが構築できるという。また,OpenStandiaに含まれるオープンソース・ソフトウエアについては野村総研がまとめてサポート・サービスを提供する。

 今後,リッチクライアント対応,情報分析基盤機能の提供,EJB(Enterprise JavaBeans)3.0対応などの機能拡張を行っていく予定という。