PR

 システムインテグレーション事業などを手掛けるアイディーエス(略称IDS、東京都港区、熊谷卓也社長)は、BtoB(企業間)市場を狙った電子調達向けパッケージの販売を8月中にも開始する。IDSはSIサービスのサン・ジャパンと共同で、コマースセンターが販売していたBtoB向けのEC(電子商取引)サイト構築基盤「Jupiter」の事業を譲り受けており、今回の製品もJupiterを基本に開発した。IDSのSI事業の売上高は約5億円だが、急成長が予想されるEC市場にも進出することで売り上げ倍増を目指すなど、新しい事業分野の1つとして注力していく。

 製品名は「EC Biz スイート」で、商品カタログ管理のほか、見積依頼や回答、受発注、出荷管理といった基本機能を備える。Jupiterを基本に凸版印刷の商品情報用データベース「GAMEDIOS」を組み合わせており、画像や文字などのカタログ情報を一元管理できるようにした。画像管理が容易になるなど、使い勝手が向上したとい。このほか、ワークフローの機能も加えている。

 価格は、パッケージの単品機能をカスタマイズなしで販売する場合で、1000万円~2000万円ぐらいを予定。BtoB事業を展開するためのパートナーも募集しており、例えばユーザー企業の基幹業務システムとEC Biz スィートを統合する部分などの構築を担当してもらいたいという。導入に当たっては調達業務における業務プロセスの見直しが必要になるため、IDSは業務改革のコンサルティングまで請け負う。今後1年間では単品機能で5本から10本を販売していく計画である。

ITソリューションを“提案”する方々のための専門情報サイト「ITサービスLeaders」が6月1日オープンしました。アクセスはこちらから。


「日経ソリューションビジネス」は、ITサービス企業の営業・マーケティング、マネジメント向けの雑誌です。
今なら「日経ソリューションビジネス」を無料で1冊試読いただけます。
詳しくはこちらからどうぞ。