PR
[画像のクリックで拡大表示]

 組み込みソフトウェア開発の発展をテーマに,現場の技術者や研究者が活発に意見を戦わせる──。2005年8月25日から2日間にわたって,「第7回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ(SWEST:Summer Workshop on Enbedded System Technologies)」が静岡県浜松市で開催された。「“ブーム”と言えるほど組み込みソフトウェア分野に注目が集まっている」(SWESTステアリング委員長を務める名古屋大学の高田広章教授)状況の中で,全国から160人ほどの参加者が集った。初日は深夜まで,2日目は早朝からさまざまなセッションが設けられ,講師の話に熱心に耳を傾けたり,参加者同士で熱い議論を交わす場面が会場のあちこちで見られた。

 ワークショップで中心となった話題の一つが,組み込みソフトウェアの品質向上。これをテーマにしたセッションやチュートリアルが数多く設けられた。東陽テクニカ ソフトウェア・システム研究部の二上貴夫部長が講師を務めた「組込みソフトウェアの信頼性を向上させる方法」というチュートリアルもその一つ。信頼性は「約束したことを確実にやれるかどうか」(二上氏)を示す言葉で,ソフトウェアの品質を決める重要な要素となる。二上氏は,信頼性向上のための対策は,開発者以外の他人の手を借りる「客体視」と,開発者本人による「主体視」の二つの視点からなされるべきだとし,それぞれの具体策を紹介した。例えば客体視からの対策としては,各工程でPlan/Do/Seeのサイクルを回すことが重要だ。「言葉にすると当たり前のことだが,現場ではあまり実施されてこなかった。レビューをきちんとこなすと,信頼性は5~6倍向上できることを認識すべき」(二上氏)。また,既に実施済みの項目を後からチェックするレビューだけでなく「リハーサル(下稽古)や予習のように,本格的な活動の前に検証作業を実施することも重要」(二上氏)であることを指摘した。

 2日間を通して目立ったのは,技術者たちが活発に意見交換していたこと。研究成果をポスター展示した大学生に対して企業からの参加者が熱心に質問したり,ざっくばらんな座談会の席が複数設けられて深夜まで議論が続くなど,企業や大学をまたいだ技術交流が見られた。あるセッションで「組み込みの技術者は閉鎖的で自社から出ない人が多い。コミュニティに参加すればすぐにも手に入る技術情報に,なかなかたどり着けない」という問題点が指摘されていたが,SWESTはそうした状況に風穴を開ける場の一つと言えそうだ。