PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは8月29日,AMラジオ,FMラジオ,TVの3バンドに対応したチューナー内蔵の携帯電話「RADIDEN」(ラジデン)を発表した。モデル名は「SO213iWR」(写真上)。携帯電話機能は,PDCの「mova」である。AMラジオと携帯電話の両方を利用する機会が多い40~50代のビジネス・パーソンを主な販売ターゲットとする。

 特徴は“デュアルフロント”デザインを採用した点。片面が携帯電話,もう片面はラジオ専用の操作パネルとなっている。FMにくらべてAMラジオは電子機器の出すノイズに弱い。AMラジオを内蔵する上で,「携帯電話内部のノイズをいかに除去するか,いかにノイズの影響を受けない部品配置にするか」(NTTドコモの永田清人プロダクト部長,写真下)が課題になったという。ラジオ・チューナー側にもノイズ除去機能を搭載し,アンテナ配置なども工夫した。ラジオチューナーは,ソニーとソニー・エリクソンの共同開発である。


 第3世代携帯電話「FOMA」ではなく,movaを採用したのも,ノイズ除去などの技術的な課題に対処しやすかったためだという。今後,「技術的課題がクリアされれば,需要などを判断した上でFOMAでもAMラジオ機能の搭載を考えていく」(永田部長)。

 RADIDENでは,携帯電話とAMラジオを一体化した際の操作感も追及。電源スイッチは携帯電話とラジオで別々に備える。携帯電話の電源はオフで,ラジオの電源はオンといった使い方もできる。またラジオを聴きながらiモードを利用したり,ラジオを聴いているときに携帯電話に着信があれば,自動的にラジオの音量を下げる機能なども備える。

 ただし,ビジネス向けを意識したため携帯電話の機能としてはシンプル。カメラ機能は搭載せず,ラジオとダウンロード・サービスの連携などは考慮していない。販売時期は未定だが「年末よりは早い時期」(NTTドコモ)。価格はオープンだが,NTTドコモによると「直近に出たmova端末と同程度」だという。なお,2005年5月末に販売したmovaの「premini-IIS」の機種変更価格は現在2万円程度である。