PR


 有限会社ディービーコンセプト(DBC)は2005年8月30日,同社の業務支援システム設計支援ツール「XEAD(Xml-based Enterprise Architecture Designer, [zi:d])」向けに,財務管理のレファレンス・モデルを公開した。同社のWebサイトから無償ダウンロードできる。レファレンス・モデルは開発者のノウハウの塊であり,それを同社が無償公開した意味は大きい。


 今回公開された財務管理のレファレンス・モデルは,仕訳・決算,手形管理,資産管理,資金管理などの業務向けに,基本的なデータベース定義や機能定義の設計パターンを収録したもの。同社ではこれを「CONCEPTWARE」と呼び,XEADで読み込めば財務管理の設計サンプルを照会できる。レファレンス・モデルとは,企業情報システムの業務分野ごとに設計パターンをまとめたもので,開発者が“教材”として企業情報システム開発の学習材料にしたり,実際の設計作業にライブラリとして応用したりすることを同社は提案している。


 企業情報システムは,データベースや各種機能をゼロから開発するスクラッチ開発か,ERP(統合基幹業務システム)などを利用するパッケージ開発のいずれかによって開発される場合が多い。しかしスクラッチ開発だと開発者の経験とスキルに依存する比率が高く,パッケージ開発だと自由度が低くメンテナンス・コストがかかる。レファレンス・モデルを使った開発は,基本設計を再利用するのでスクラッチ開発よりも品質にブレがなく,実装から独立しているのでパッケージ開発よりも自由度が高い。つまり,それぞれの良いところを組み合わせた開発手法と言える。


 同社では今後,販売,生産,人事などの各モデルの公開を予定している。


(補足)XEADは,業務支援システムの基本設計情報を編集するツール。企業システムの開発に特化した分析/設計手法「3要素分析法」に準拠しているのが特徴で,業務設計,機能設計,データ・モデルの設計を支援する。XEADの開発者である渡辺幸三氏は,データ構成,機能構成,業務構成の三つに着目して企業システムの分析を行う3要素分析法を提唱するなど,企業システム開発経験が豊富なシステム・エンジニア/プログラマ。業務システム開発の著作もあり,「渡辺式」と呼ばれる独特のモデリング手法で「DOA+コンソーシアム」からも注目されている。