PR


 オーストラリア最大の通信事業者テルストラの日本法人,テルストラ・ジャパンは8月30日に,「VPLS」(virtual private LAN service)を使った広域イーサネット「国際イーサネット・サービス」の提供を始めた。


 提供エリアは,日本,香港,中国,シンガポール,台湾の5カ所。帯域は2M~45Mビット/秒の間で柔軟に設定可能である。東京−中国・上海の2拠点を2Mビット/秒で接続する場合,既存の国際専用線と比べて最大で30~40%のコストを削減できるという。今後,国内外の多国籍企業をターゲットに直販する方針だ。


 テルストラが採用したVPLSは,IP-VPNサービスの実現技術「MPLS」(multiprotocol label switching)網上でイーサネットのMAC(media access control)フレームを転送できるようにした技術。既存の広域イーサネット・サービスでよく使われる「拡張タグVLAN」などに比べて,耐障害性が高いことやトラフィック制御が可能であることなどがメリットである。


 テルストラ・グローバル・ビジネス・アジアのリージョナルディレクタであるジョン・パイタリディス氏は,「アジア・太平洋地域で最初のVPLSサービス」と言う。VPLSの技術自体が登場してからは日が経つが,「米シスコシステムズや米ジュニパーネットワークスといったルーター・メーカーがVPLSを実装したのが2005年初頭。ようやくサービスを提供できる準備が整った」(パイタリディス氏)。