PR
写真 米インテリシンクのビル・ジョーンズ プロダクトマネジメント担当副社長
写真 米インテリシンクのビル・ジョーンズ プロダクトマネジメント担当副社長
[画像のクリックで拡大表示]

 インテリシンクは8月31日,携帯電話用のデータ同期・デバイス管理ツール「Intellisync Mobile Suite 6.4J」(Mobile Suite 6.4J)を発表した。

 Mobile Suite 6.4Jはサーバー・ソフトと,携帯電話に導入するクライアント・アプリケーションで構成する。社内のグループウエアと,携帯電話内のメールやPIM(個人情報管理)と呼ばれるアドレス帳やスケジューラなどの機能を同期させる。携帯電話機を紛失した際に蓄積したデータをリモートで消去する端末管理も可能である。

 クライアントは(1)NTTドコモの「FOMA M1000」,(2)ボーダフォンの「702NK」,(3)ドコモの900番台が付く機種(900i/901iなど),(4)ボーダフォンの第3世代携帯電話(3G)端末−−の4種類を用意する。1と2は端末が備えるアドレス帳やスケジューラ,メールなどと同期できる。3と4はJavaアプリとして提供。アプリがアドレス帳やスケジューラを内蔵し,そこに登録したデータと同期を取れる。

 またM1000と702NK用クライアントは,「プッシュ」の仕組みを使って端末のPIMやメールのデータを遠隔から消去したり更新できる。ドコモの900番台と702NK以外のボーダフォンの3G端末用は,アプリケーションを起動してサーバーにアクセスするタイミングで,スケジュールとアドレス帳のデータを遠隔から消去したり更新できる。アプリケーションの起動パスワード入力に一定回数失敗したら,データを消去する機能も持つ。

 出荷時期はサーバーが8月31日,702NK用クライアントが9月15日,ドコモのM1000用と900番台用クライアントが9月30日。Vodafone3G向けが10月31日。価格はユーザー・ライセンス制を採用。価格は47万2500円(端末管理だけに使う場合,50ライセンス,税込み)から。

 米インテリシンクのビル・ジョーンズ プロダクトマネジメント担当副社長(写真)は今後の予定として,「インテリシンクNOC(network operation center)」を設置して企業にIntellisyncをサービス提供することや,IM(instant messaging)を統合した製品の提供などを挙げた。