PR
写真 ウィルコムが開発した「ナノセル基地局」(左)
写真 ウィルコムが開発した「ナノセル基地局」(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムは9月1日,企業のビル内に専用のPHS小型無線基地局を設置する「ナノセルシステム」の提供を10月1日から開始すると発表した。同システムを使った内線網と5月に開始した音声定額サービスと組み合わせることで,PHSを使う内線システムの構築を容易にする。NTTドコモ,KDDI,ボーダフォンの携帯電話事業者3社が「モバイル・セントレックス」で進める法人の音声市場開拓を追撃する。

 ウィルコムの企業向け音声定額サービスは,月額利用料を個人向けよりも700円割安となる2200円(10回線以上の契約の場合)に設定している。一方で,同一企業の拠点内にユーザーが集中すると,公衆の無線基地局だけでは通話チャネルが不足し,音声品質やデータ通信の速度低下を招く恐れがあった。

 ナノセルシステムは音声品質の低下を防ぐため,新たに開発した「ナノセル基地局」と呼ぶ小型の基地局と一体で提供する。基地局はティッシュ箱を一回り大きくした程度のサイズで,イーサネット・インタフェースを持つ(写真)。社内LAN経由で基地局を制御する専用のナノセル・サーバーに接続し,ウィルコムPHS網につなぎ込む。

 費用は,システム構成により異なるが,ナノセル基地局12台,ナノセルサーバー1台のシステムを導入する場合,450万円~500万円程度となる。同システムをレンタルする場合は月額10万円程度となる見込み。「初期費用は携帯電話事業者のモバイル・セントレックスの半分程度,月額費用も3分の1程度に抑えられる」(ウィルコムの喜久川政樹・執行役員経営企画本部長)。