PR

 NTT西日本は9月6日午後3時20分,台風14号の接近で災害時に利用する伝言ダイヤルのサービスを始めた。携帯電話各社は6日午前に災害用の伝言板サービスを立ち上げている。

 利用するには固定電話や携帯電話から171番をダイヤル。電話番号をキーとして,伝言を登録したり聞いたりする。なお,伝言を登録する際には,被害が出ている宮崎県内の電話番号を入力する必要がある。0982~0987までの局番が対象。それ以外の全国のユーザーは,被災地の電話番号をキーに伝言を聞くことができる。

 また,NTT西日本は8月末から試験運用を始めたインターネット経由のサービス「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」も立ち上げた。インターネットに接続したパソコンなどから,https://www.web171.jpにアクセスして利用する。

 NTT西日本によると「宮崎県のエリアに避難指示が出たため伝言ダイヤルを起動した。現時点で通信設備には輻そうなどの問題は生じていない」という。