PR

 トヨタ自動車は2005年9月6日,運転者がよそ見をしていることを検知して警告を発する技術を開発したと発表した。車両や前方の障害物の状態によって警告したりブレーキを自動制御する技術は既に実用化されているが,運転している人の顔の状態を利用して衝突被害軽減を図るのは初めて。2006年春に発売予定の「レクサス」に搭載予定。

 運転者の状態は,ハンドルの奥に設置したカメラで撮影する。得られた画像を解析して,運転者の顔の向きを導き出す。同時に,ミリ波レーダーとカメラによって周囲の障害物を検出する。運転者が横を向いているときに,周囲の障害物との距離が縮まるなど衝突の危険が高まった場合,警告音を発して注意を促す。これまでも衝突の可能性を検知したら警告音を発していたが,そのタイミングは運転者が正面を向いているという前提で決めていた。しかし運転者がよそ見をしている状態では,警報を聞いてから現在の状況を把握するまでに時間がかかる。今回の技術で運転者がよそ見をしているかどうかが検出できるようになったため,よそ見をしている場合は従来よりも2秒ほど早く警告を発することが可能になったという。