PR

 日本IBMは2005年9月30日,サービス指向アーキテクチャ(SOA)の環境を構築するのに必要な製品群で構成する「IBM WebSphereプロセス統合製品」を出荷する。SOAは,サービスをソフトウエア部品としてコンポーネント化し,サービス・コンポーネントを組み合わせることで大規模なシステムを構築する開発手法である。

 この統合製品の核となるのが,実行環境の「WebSphere Process Server」。これに加え,モデラー「WebSphere Business Modeler」,統合開発ツール「WebSphere Integration Developer」,モニター「WebSphere Business Monitor」の合計四つの製品で構成する。

 WebSphere Business Modelerは,業務プロセスを記述し,業務を分析したり,業務フローが回るかどうかをシミュレートするソフトウエア。業務プロセスの実行言語であるBPEL(Business Process Execution Language)を自動生成する。KPI(重要業績指標)を設定することもできる。使用料金は,1ユーザーあたり18万7740円(税込)。

 WebSphere Integration Developerは,サービス・コンポーネントを組み合わせることで,SOAに基づくアプリケーションを開発するソフトウエア。Eclipseベースの統合環境で動作する。コンポーネントをドラッグアンドドロップで組み合わせることで,プログラミングすることなくアプリケーションを開発できる。使用料金は,1ユーザーあたり52万5525円(税込)。

 WebSphere Process Serverは,SOAに基づく業務アプリケーションを実行するソフトウエア。メッセージ連携のインフラストラクチャであるエンタープライズ・サービス・バス(ESB)を実装している。Webサービスで使われるSOAPやJavaで使われるJMS(Java Message Service)など,多くのメッセージ交換プロトコルに対応した。使用料金は1CPUあたり1276万2750円(税込)。なお,ESB機能だけを切り出した製品「WebSphere ESB」も年内に発表する予定。

 WebSphere Business Monitorは,KPIに基づいて業務プロセスの状況をリアルタイムに監視するツール。業務の遅れなどをいち早く検知できる。「いわばOLAP(オンライン分析処理)ツールのようなもの」(同社ソフトウェア事業WebSphere事業部長の山下晶夫氏)だという。使用料金は1CPUあたり1289万1900円(税込)。

 また9月30日には,ユーザー向けサービス「SOAクイック・スタート・プログラム」も開始する。IBMが提供するサンプル・プロセスまたはユーザーの業務に即したプロセスを使用し,Integration DeveloperとProcess Serverを用いてプロトタイプを構築することで,SOAを実現するための作業をユーザーが実体験できる。完成したプロトタイプを基に,本格的なSOAを実現するためのサポートも行う。料金は個別見積もりで500万円から。