PR
写真1●Xenoppixでplan9を動作させている画面。vncvでKNOPPIXと接続している
写真1●Xenoppixでplan9を動作させている画面。vncvでKNOPPIXと接続している
[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)は9月15日,DVDから起動しインストールの不要なLinuxの新版「Xenoppix」を公開した。Xenoppixは,仮想マシン・ソフトウエアXenが組み込まれており,Xenの上でNetBSDやPlan9が稼働する。

 KNOPPIXがデバイスの自動認識や,ドライバ組み込みを行い,XenのゲストOSであるNetBSDやPlan9を起動する。リモート・コントロール・ソフトVNCにより,KNOPPIXのXウインドウ上でゲストOSのGUIがフルスクリーン・モードで表示される。「ゲストOSがスタンドアローンで起動したように見える」(産総研 情報技術研究部門 主任研究員 須崎有康氏)。

 Xenoppixは,産総研のXenoppixのページなどから無償で入手できる。