PR

 セキュリティ・ベンダーのソフォスは9月15日,スパム/ウイルス対策として使うメール・ゲートウエイ・ソフト「PureMessage for UNIX」の出荷を開始した。

 ウイルスやスパムの検知に「Genotype」と呼ぶ技術を利用することで,パターン・ファイルを最新状態に更新しなくても,ウイルスやスパムの亜種を検知することが可能だという。

 例えば,「ウイルスの亜種は,本家ウイルスが使っているAPIコールの呼び出し順番などを変えないものが多い。こうした同じ動きをするものをウイルスとして検知する」(代表取締役社長Alan Broderick氏)。

 同製品は,SendMailやPostfixなどのメール・サーバー(MTA)に追加導入して利用するのが基本である。ただし,メール・サーバーとしての機能を備えており,単独でも使える。

 対応OSは,Red Hat Enterprise Linux,SUSE LINIX,Debian,Solaris,HP-UX,AIXなど。ライセンス料は,1年間で1740円/ユーザー(1000ユーザー時)。

(吉田 晃=日経システム構築)

■SQLインジェクションなどの手口とセキュリティ対策のことなら■
日経システム構築の別冊「不正アクセスや情報漏洩を防ぐ Webアプリケーションのセキュリティ完全対策」が好評発売中です。Webアプリケーションに対する個々のクラッキング手口と,それに対して採るべき対策などについて体系立てて解説しています。詳しくは,こちらのページをご覧ください