PR

 EMCジャパンは9月15日、「ILM(情報ライフサイクル管理)」を実現する製品群「ILM Server」を出荷開始した。データを格納する各種のストレージと、データ管理ソフトから成る。必要な製品をひとまとめにして、ILMの導入を企業に促す考えだ。

 ILMとは、必要なデータがすぐに取り出せる利便性を損なわず、アクセス頻度や重要度に応じて、格納するストレージを変更するデータの管理手法。ILM Serverは3種類の製品から構成される。頻繁にアクセスするデータを格納するNAS(Network Attached Storage)サーバーの「Celerra(セレラ)」、データ保存用ストレージで改ざん防止やデータ修復といった機能を持つ「Centera(センテラ)」、そしてデータ保存方針(ポリシー)を設定したりデータを移動したりするソフト「CFA(Centera FileArchiver)」から成る。

 このうちCFAは全くの新製品だ。作成してから時間のたったデータやアクセス頻度が減ったデータを、管理者が定めたポリシーに沿って自動的にCelerraからCenteraへ移す。データへのアクセス・ログを作成・保存する機能も備える。

 EMCは「必要なハードとソフト、導入サービスをパッケージにして、ILMを手軽にした」(EMCジャパンの宮 治彦エンタープライズ事業部マーケティング部長)。ILM Serverでは、ストレージであるCelerraやCentera、管理ソフトのCFAをインストールしたパソコン・サーバー、これらを接続するネットワーク・スイッチなどを、一つのラックに収めて提供する。

 ILM Serverの価格は、Celerraのデータ容量が1Tバイト、Centeraが2Tバイトの最小構成で998万円から(2005年内のキャンペーン価格)。