PR

 キヤノンは2005年9月15日,ハイビジョン(HDTV)対応デジタルビデオカメラ「XLシリーズ」の新製品「XL H1」を11月下旬に発売すると発表した。新開発のデジタル画像処理プロセッサー「DIGIC DV !)」とHDTV対応コーデックLSIを搭載し,ミニDVテープに1080i(有効走査線数1080本,飛び越し走査方式)対応のハイビジョン映像を記録できるようにした。このほか,従来の「XL」シリーズの専用レンズだけでなく「EOS」シリーズのEFレンズも利用できるようにして,ユーザーが撮影目的や用途に応じて最適なレンズを選択できるようにした。XL H1の希望小売価格は105万円である(9月15日発表)。