PR

 マイクロソフトは2005年9月16日,データベース管理システムの新版「SQL Server 2005」の価格を発表した。SQL Server 2005の製品発表会は11月17日に開催し,製品は年内に出荷される見込み。

 SQL Server 2005には大規模向けの「Enterprise Edition」,中規模向けで最大4プロセッサをサポートする「Standard Edition」,小規模向けで最大2プロセッサをサポートする「Workgroup Edition」がある。以上の3製品のほか,無償で提供し最大1プロセッサをサポートする「Express Edition」もある。

 プロセッサ・ライセンスとサーバー・ライセンスの2種類のライセンスがあり,サーバー・ライセンスで購入した場合は,利用ユーザーごとにCAL(クライアント・アクセス・ライセンス)が必要である。

 各エディションの販売推定小売価格は次からの段落にあるとおりである。なおボリューム・ライセンスの価格は,「レベル」によって大きく異なる。「Select A」は250台以上のパソコンを持つ企業ユーザーが3年間に1500ポイント(Officeに換算して750ライセンス分)を購入する場合に適用されるレベルで,「Open Business」は5本以上のソフトウエアを購入する場合に適用される最低レベルである。

 Enterprise Editionの価格は,プロセッサ・ライセンスをSelect Aで購入する場合が290万8800円,Open Businessで購入する場合が425万円。サーバー・ライセンスをSelect Aで購入する場合が152万7500円,Open Businessで購入する場合が215万5000円。

 Standard Editionの価格は,プロセッサ・ライセンスをSelect Aで購入する場合が69万8000円,Open Businessで購入する場合が99万8000円。サーバー・ライセンスをSelect Aで購入する場合が20万6600円,Open Businessで購入する場合が29万9000円。

 Workgroup Editionの価格は,プロセッサ・ライセンスをSelect Aで購入する場合が45万100円,Open Businessで購入する場合が49万2000円。サーバー・ライセンスをSelect Aで購入する場合が8万8700円,Open Businessで購入する場合が9万2200円。

 SQL ServerのCALの価格は,Select Aで購入する場合が1万9800円,Open Businessで購入する場合が2万8600円。

 なお現行バージョンのSQL Server 2000は,Enterprise Editionでしか64ビット・プロセッサをサポートしないが,SQL Server 2005ではStandard Editionでも64ビット・プロセッサをサポートする。またSQL Server 2005には,データベース・ミラーリング機能が搭載されるが,待機系サーバーにはライセンスが必要ない。