PR

 沖電気工業は9月20日,無線IP電話システムに対応したアクセス・ポイント(AP)「MWINS BR2100シリーズ」を発表した。5GHz帯のIEEE 802.11a方式,2.4GHz帯の11b方式,同g方式のいずれかに切り替えて使う「MWINS BR2101」,11a方式と11g(または11aと11b)を同時に使える「BR2102」の2機種を,11月21日から出荷する。

 BR2100シリーズの特徴は,無線LAN上でのVoIP(voice over IP)の通信品質を高めるため様々な機能を備えている点。例えば,無線区間でQoS(quality of service)を確保するための仕様には,標準化作業が進んでいる国際規格「IEEE 802.11e」に対応。音声パケットを優先的に流すことで通話品質を確保する。また,端末が移動中でも通話が途切れないよう,APを切り替える「ハンドオーバー」を高速化。また認証や暗号化についても「IEEE 802.11i」に対応している。

 従来の無線IP電話システムでは通話品質を確保するために,無線LAN基地局を制御する専用の「無線LANスイッチ」を採用するケースがほとんど。無線LANスイッチが各APと端末情報をやり取りして,QoSや高速ハンドオーバーを実現する。一方BR2100シリーズは,AP同士が直接情報を交換する。無線LANスイッチが不要になり,SOHO(small office home office)など基地局が数台規模で済むオフィスへの導入コストは安く済む。

 1台当たりの価格は,BR2101が15万8000円,BR2102が19万8000円。