PR
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモが2006年3月末までに発売予定のワンセグ対応FOMA端末「P901iTV」
NTTドコモが2006年3月末までに発売予定のワンセグ対応FOMA端末「P901iTV」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは9月27日,2006年4月1日から放送開始の「地上デジタルテレビ放送1セグメント部分受信サービス」(ワンセグ)の視聴に対応したFOMA端末「P901iTV」(写真)の開発を発表した。地上アナログ放送も視聴できる。「放送開始に間に合うように,2006年3月末までには発売したい」(NTTドコモ)としている。

 特徴は,大型2.5インチ広視野角液晶の採用や,内蔵メモリーへの録画に対応した点。iアプリによるEPG(電子番組表)機能も実現し,番組選局も容易になっている。また,おさいふケータイ機能も搭載する。

 連続テレビ視聴時間はデジタル放送が2.5時間以上,アナログ放送が1.5時間以上。連続通話時間は約140分。外形寸法は高さ110×幅51×厚さ27mm(折りたたみ時,アンテナ部除く),質量は145g。価格は「現行の901iシリーズよりも多少高くなる見込み」(NTTドコモ)である。

 なお,同機は10月4日から8日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2005」で実機を展示予定。ワンセグ放送視聴のデモなども実施される。

(大谷 晃司=日経コミュニケーション