PR
NTT GROUP COLLECTION in WEST2005で基調講演を行う
NTT GROUP COLLECTION in WEST2005で基調講演を行う
[画像のクリックで拡大表示]

 NTT持ち株会社の和田紀夫社長は9月27日,同グループが大阪で開催中の総合展「NTT GROUP COLLECTION in WEST2005」の基調講演に登壇した。「NTT発足20年を迎えた今年は情報通信の大転換期。グループの力を結集してこの重要な時期を乗り切りたい」とNTTグループ関係者や顧客を前に講演した(写真)。

 講演で和田社長は,これまでNTTには(1)1985年のNTT民営化と通信自由化,(2)99年のNTT再編−−という二つの大きな節目があったと説明。そして現在,IP技術を中心としたブロードバンド化/ユビキタス化によって,現在三つ目の節目を迎えていると述べた。「FMC(fixed mobile convergence)や通信と放送の融合など,サービスだけでなくビジネスモデル自体の融合が始まっている」(和田社長)。

 急激な環境変化の中,NTTグループの最重要課題として位置付ける中期経営計画を改めて説明。次世代ネットワークの構築を核に,IP,光,第3世代携帯電話サービスへの完全移行に全力をかけることを強調した。

 総合展はNTT民営化20周年の節目として同グループの顧客など関係者向けに,27日と28日の二日間かけて開催されている。NTTの各研究所が開発中の最新技術のほか,西日本を拠点にするNTTグループ会社のサービスやソリューションを紹介している。