PR

 公衆無線LANサービスのスポット検索とサービスの申し込みが可能なサイト「dokoyo.jp」を運営するIRIコマース&テクノロジーは9月30日,提供している公衆無線LANサービスの内容を刷新した。これまで二つのID/パスワードが必要だったサービスを,一つに統合した。新サービスは10月1日から申し込みを受け付ける。

 これまでdokoyo.jpのサイトでは,(1)トリプレットゲートが提供する公衆無線LANサービス「WIRELESS GATE」と,(2)ネットイン京都が提供するデータの暗号化機能を付加したインターネット接続サービス「公衆VPNサービス」が申し込めるようになっていた。しかし,二つのサービスでは,各々で異なるID/パスワードが必要だった。

 従来はそれぞれのサービスを単独または併用で契約することが可能だったが,今回,公衆VPNサービスの単体提供を廃止した。これに伴い,両サービスで使うID/パスワードを一つに統合した。さらに二つのサービスを併用した場合の月額基本料を,従来の1100円から新たに980円へと値下げした。

 ちなみに,公衆VPNサービスはネットイン京都が運営するデータ・センター経由でインターネットに接続できるサービス。端末とデータ・センター間の通信を暗号化し,無線LAN区間の盗聴を防ぐ。

(加藤 慶信=日経コミュニケーション