PR
 サイボウズとサイバーエージェントは10月4日、合弁会社を11月中に設立し、ビジネスマン向けのポータルサイト「cybozu.net(サイボウズ・ドットネット)」を共同で運営していくことで基本合意したと発表した。
サイボウズの青野慶久社長(左)と、サイバーエージェントの藤田晋社長(右)

 新会社は、同サイトで広告収益を上げるために設立。ネット広告の代理店業務を手掛けるサイバーエージェント主導で活動し、設立3年後には広告収入をベースに売上10億円を目指す。 出資比率は、サイバーエージェントが60%、サイボウズが40%。資本金など詳細は未定。新会社の社長にはサイバーエージェント執行役員の宇佐美進典(うさみしんすけ)氏が就任する予定だ。ただ、サイト開発などについては、従来通り、サイボウズで手掛けるという。

 「cybozu.net」は、サイボウズの既存の2つのポータルサイトを統合して構築する。具体的には、同社のグループウエア製品のユーザーのためのビジネスリンク集「サイボウズNET」と、この8月に開設されたばかりのRSSポータルサイト「cybozu.net」とを統合する。「サイボウズNET」には、1日約19万ユーザーがアクセスしているが、それが収益に結びつかないのがサイボウズの悩みだった。しかし、今後は、サイバーエージェントグループに広告営業を委託し、その収益からロイヤリティの支払いを受け取るようにする。