PR

 NECは10月4日,同社のIP-PBX「APEX3600iシリーズ」と「APEX7600iシリーズ」を無線IP電話に対応させる製品「UNIVERGE SIP BOX」を発売した。既存のAPEXユーザーは,UNIVERGE SIP BOXを導入することで,NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」とNECの無線IP電話機「MH210」,「MH220」の計3端末が利用できるようになる。

 UNIVERGE SIP BOXの価格はAPEX3600iシリーズ用が40万円。APEX7600iシリーズ用が100万円。

 なおMH220は同日発売した製品。価格は4万円。MH220は高速ハンドオーバー技術「PMK(pairwise master key)キャッシュ」を実装する。同技術によってハンドオーバー時の「音切れ」を防ぐ。

(武部 健一=日経コミュニケーション