PR

 SAPジャパンは10月6日、ソフト開発会社を対象にした新たなパートナープログラム「Powered by SAP NetWeaver」を、日本市場で本格的に展開する、と発表した。これまでにSAPと付き合いのなかったソフト会社も積極的にパートナーにしていく考え。

 同プログラムでは、アプリケーション統合ミドルウエア製品群「SAP NetWeaver」上でソフト会社が開発したソフト製品が稼働することを認定する。SAPジャパンはすでに、SAP製品とパートナー製品とのインタフェースを認定するプログラム「Certified for SAP NetWeaver」を展開中だが、これよりもさらに上位レベルの位置付けだ。Powered by SAP NetWeaverの認定を受けた企業や製品に対して、SAPジャパンはイベントや共同プロモーションなどで製品販売を支援する。

 新規パートナーを獲得するために、SAPジャパンは認定取得のための技術支援を用意。10月25日には同プログラムを紹介するためのイベント「SAPエンタープライズ・サービス・フォーラム」を東京都千代田区のSAPジャパン本社で開催する。プログラムを開始時点で、認定パートナーは16社あるが、2005年中に30社、2006年までに100社、2007年中に200社体制に拡大することを目指す。

ITソリューションを“提案”する方々のための専門情報サイト「ITサービスLeaders」が6月1日オープンしました。アクセスはこちらから。


「日経ソリューションビジネス」は、ITサービス企業の営業・マーケティング、マネジメント向けの雑誌です。
今なら「日経ソリューションビジネス」を無料で1冊試読いただけます。
詳しくはこちらからどうぞ。