PR

 ストレージ・システムのベンダーであるEMCジャパンは10月6日,最大1PB(ペタ・バイト=1024テラ・バイト)まで拡張可能な「Symmetrix DMX-3」を発表した。大規模なストレージ・システムを構築したい企業向け。最小構成時の価格は1億9215万円。従来機種「同 DMX-2」の上位機種に当たる。

 特徴は,拡張可能なシステムの最大容量を動的に変更できるようにしたこと。従来機種では一度設定すると後から変更できなかった。新機種はHDDの台数で最大960台まで拡張可能。2006年前半には最大1920台,同年後半には最大2000台以上まで拡張できるようにする。さらに,最大7200回転の低価格なHDDに対応。容量を拡張する場合でも低コストに実現できるようにした。

 容量を動的に拡張できるようにしたことと低価格なHDDに対応したことは,データの世代管理を一つのシステムで低コストに実行できるようにする狙いがある。従来は最大1万または1万5000回転の高価なHDDにしか対応しなかったため,一つのシステムでバックアップを保存するとコストが高く付いた。安価なHDDに対応した別のシステムやテープ装置に保存すると,データを読み出す際に時間がかかるという課題もあった。

 このほか,中規模向け機種「CLARiXシリーズ」の機能強化も発表した。新たに,ストレージのコントローラとHDDを1対1で接続する仕組みを採用。HDDの障害切り分けやHDDの交換に要する作業時間を短縮できるようにした。また,二つのCLARiXシリーズのシステム間で高速にデータをコピー/移動できるようにした。最小構成時の価格は250万円。既存製品のユーザーも,ファームウエアのアップグレードで機能を拡張できる。

(加藤 慶信=日経コミュニケーション