PR

 米Microsoftは米国時間10月6日,企業のクライアントおよびファイル・サーバー向けのウイルス/スパイウエア対策ソフト「Microsoft Client Protection」を発表した。価格やライセンス体系などは未発表。2005年終盤には一部のユーザーに対して早期ベータ版(early beta)を提供することを明らかにした。併せて,Exchange Server用ウイルス/スパム対策ソフト「Microsoft Antigen for Exchange」も発表。こちらについては2006年前半にベータ版をリリースする予定である。

 企業のクライアント向けウイルス対策ソフトを提供することは発表されたものの,内容については一切明らかにされていなかった(関連記事)。今回,その製品名と早期ベータ版の提供に関する情報が公表された。しかしそれ以外の情報については,現在開発中とされていて明らかにされていない。

 なお,個人ユーザー向けのウイルス/スパイウエア対策ソリューションとしては,「Windows OneCare Live」を発表している。米国では現在ベータ・テストを実施中である(関連記事)。

 同日,Microsoft Antigen for Exchangeの提供についても発表した。これは2005年6月に買収したSybari Softwareの技術をベースにした製品(関連記事)。Sybariのウイルス検索エンジンだけではなく,Microsoftが開発したエンジンも追加して機能強化を図るという。

◎参考資料
Steve Ballmer Details Microsoft's Security Strategy
スティーブ バルマー,マイクロソフトのセキュリティ戦略を発表