PR

 米Microsoftは10月6日(米国時間),企業向けウイルス対策ソフト「Microsoft Client Protection」のリリース計画を発表した。企業内のデスクトップPCやノートPC,ファイル・サーバーを包括的に防御する製品という位置付けで,スパイウエア対策機能とウイルス対策機能が含まれる。2005年末までに,早期ベータ版を一部のユーザーに対して提供する。価格やライセンス体系,発売時期などは未定。

 Microsoft Client Protectionは,企業向けに特化したウイルス対策ソフトで,Active Directoryを使ったアプリケーション配布やシグネチャ配布,クライアントの統合的な管理が可能であるとしている。一般消費者向けには,「Windows OneCare」というウイルス対策ソフトを販売することを既に発表している。

 なおMicrosoftは現在,スパイウエア対策ソフト「Microsoft Windows AntiSpyware」のベータ・テストを実施しているが,Microsoft AntiSpywareは一般消費者向けで,企業向けにはMicrosoft Client Protectionが提供されるもようだ。また,同社セキュリティ技術ユニット担当コーポレート・バイス・プレジデントのMike Nash氏は10月4日に日本で行った記者会見で「Windows Vistaにはスパイウエア対策機能が内蔵される」と説明している。

 Microsoftはほかにも,メール・サーバー用のウイルス対策ならびにスパム・メール対策ソフトである「Microsoft Antigen」のリリース計画も正式発表している。これは,Microsoftが買収した米Sybari Softwareの製品をベースにしたものだが,ウイルス対策検索エンジンはMicrosoftが新規に自社開発するという。Microsoft Antigenのベータ版は2006年前半にリリースされる予定。