PR

 イスラエルCheck Point Software Technologiesは米国時間の10月6日,IDS(侵入検知システム)大手の米Sourcefireを買収すると発表した。買収金額は,2億2500万ドル。2006年第1四半期までに,買収を完了する予定である。

 Sourcefireは,オープンソースのIDS「Snort」を開発したMartin Roesch氏(同社CTO)が2001年に設立した企業である。SnortベースのIDS「Intrusion Sensor」や,ネットワーク・パケットを監視することで社内LAN上のPCやサーバーが利用しているOSやソフトウエアなどの情報を収集する「Real-time Network Awareness」などを販売している。

(吉田 晃=日経システム構築)