PR

 電気通信事業者協会(TCA)は10月7日,9月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。事業者別の月当たり純増数は,auグループ(KDDIと沖縄セルラー電話)が3カ月連続でNTTドコモを抑え首位となった。auの契約数は,前月に比べて16万5100増の2070万3600契約。2位のNTTドコモ・グループは12万4800増の4990万4200契約である。

 3位のボーダフォンは3300増の1499万1500契約。10月1日付けでKDDIの完全子会社になったツーカー・グループは,1300の純増となった。累計では352万7500契約である。

 PHS事業者のウィルコム・グループ(ウィルコムとウィルコム沖縄)は,純増数が7万600を記録。8月の純増数6万から再び7万台を突破した。累計では343万7400契約である。