PR
写真 提携会見に臨んだ楽天の三木谷浩史社長(左から二人目)とNTTドコモの中村維夫社長(右から二人目)
写真 提携会見に臨んだ楽天の三木谷浩史社長(左から二人目)とNTTドコモの中村維夫社長(右から二人目)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモと楽天は10月11日,インターネット・オークション事業で資本提携すると発表した(写真)。新会社を設立し,パソコンと携帯電話機を連携させたオークション・サービスを共同で推進する。

 新会社は,楽天がパソコン向けサイトで展開しているオークション・サービス「楽天フリマ」をモバイル向けに提供するための開発を進める。楽天は既存のオークション事業で培ったノウハウや,楽天フリマの資産を提供。NTTドコモは携帯電話サービス上での運用ノウハウや約4500万人のiモード利用者などの強みを生かして,新会社の収益拡大を目指す。

 楽天は12月1日に,オークション事業の一部を分社して新会社の「楽天オークション」を設立。楽天オークションは12月16日に,NTTドコモを割当先とする第三者割当増資を実施する。新会社の資本金は16億5000万円。両者の出資比率は楽天が60%,NTTドコモが40%となる。

 新会社のサービス提供開始時期や,決済手段などの具体的なサービス内容については今後詰める。都内のホテルで会見した楽天の三木谷浩史社長は「(NTTドコモと楽天)両社のノウハウを融合してモバイルEC市場をさらに大きく伸ばしたい」と豊富を語った。