PR

 ヤマダ電機は10月12日、同社が運営するECサイト「ヤマダ電機 WEB.COM」でスパイウエア対策ソフトの無償配布サービスを開始した。同サイトの会員でなくても対策ツールを無償でダウンロードできる。ヤマダ電機はECサイトへの集客向上を期待する。

 配布するのは、ネクステッジテクノロジーが販売するスパイウエア対策ソフト「X-Cleanerマイクロスキャナ」。レジストリやシステム・フォルダを集中的に調べ、スパイウエアがインストールされた痕跡や勝手に作成したファイルを探しスパイウエアを検出する。検査時間は1分程度とされ、ダウンロード後に実行しても、すぐにスパイウエアの有無を確認できる。

 Webサイトで無償のスパイウエア対策ツールを配布するWebサイトは、三井住友VISAカードのものなど数サイトある。しかし、そのWebサイトにアクセスしている間しか利用できない。自社のWebサイトを安全に利用できることをアピールするのが狙いだからだ。ヤマダ電機が配布するX-Cleanerは、一度ダウンロードすれば同社サイトにアクセスしていなくても利用できる。

 ただしX-Cleanerは、ダウンロードするファイルにシグニチャを含んでいる。ヤマダ電機はシグニチャを週1回の頻度で更新する。ユーザーがX-Cleanerを使い続けるには、再度ヤマダ電機 WEB.COMにアクセスし、最新版をダウンロードする必要がある。