PR
Yahoo!コンテンツストアに携帯向けコンテンツ大手が勢ぞろい。中央がヤフーの井上雅博社長
Yahoo!コンテンツストアに携帯向けコンテンツ大手が勢ぞろい。中央がヤフーの井上雅博社長
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは10月13日,携帯電話向けの有料コンテンツを配信するサイト「Yahoo!コンテンツストア」を開設したと発表した。ユーザーはヤフーにクレジットカード情報などを登録しておけば,占いやゲーム,電子書籍など様々なコンテンツを手軽に購入して携帯電話にダウンロードできる。開始当初の対応コンテンツは59社,120種類。

 Yahoo!コンテンツストアは,iモードで言えば公式ポータル・サイトの「iMenu」に当たる。ヤフーのIDを持つユーザーは,ヤフーの専用ポータルを経由して好みのコンテンツ提供サイトを利用する。ヤフーは,コンテンツ・プロバイダに対してコンテンツ代金の回収代行サービスを提供。ユーザーがクレジットカード番号などの決済情報をあらかじめ登録しておけるサービス「Yahoo!ウォレット」によって,代金を徴収する仕組みである。

 iモードなどと比べた最大の特徴は,どの携帯電話事業者と契約しているかにかかわらず同じIDでコンテンツを利用できる点。携帯電話は2006年10月をめどに,契約先事業者を変更しても電話番号を引き継げる制度「番号ポータビリティ」が始まる。ところがiモードなど携帯電話事業者のサービスは,端末内のコンテンツについては電話番号のようには引き継げないのが実情。ヤフーは,携帯電話事業者を変更してもコンテンツを引き継げる点を「コンテンツ・ポータビリティ」と呼び,ユーザーにアピールしていく考えだ。

 都内のホテルで開催した記者会見には,インデックス,サイバード,タイトー,ナムコ,バンダイネットワークス,ビットウェイ,毎日新聞社,読売新聞本社が出席した(写真)。いずれも各携帯電話事業者にコンテンツを提供している大手。Yahoo!コンテンツストアに参加することで競合が生じるのではという疑問に対しては,「パソコンのインターネットを積極的に利用しているユーザーは純粋な携帯電話ユーザーとは市場が異なる。Yahoo!コンテンツストアに参加しても,事業者向けサービスの利用者が減るわけではない」(インデックスの中村礼輝モバイルマーケティング局長)と述べた。

 またヤフーは,携帯電話からのアクセスだけでなく,パソコン上で携帯電話向けコンテンツを購入できるようにする。さらに2006年中をめどに,パソコンで利用できるコンテンツの販売も始める計画である。