PR
今回の事件を報じるオランダのセキュリティ・サイト
今回の事件を報じるオランダのセキュリティ・サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米SANS Instituteは米国時間10月20日,オランダのセキュリティ組織がおよそ150万台のPCで構成される「ボットネット」を発見したことを伝えた。このボットネットに関与したと思われる人物の一人は,DoS(サービス妨害)をちらつかせて,ある米国資本の企業を脅迫した疑いもある(関連記事)。また,別の企業のサイトに対してDoS攻撃を仕掛けた疑いもあるという。

 SANS Instituteの情報は,オランダのあるセキュリティ・サイトで公開されている記事に基づいている。それによると,およそ150万台のPCにボットが埋め込まれ,一つのボットネットを形成していたという。発見したのはオランダのセキュリティ・レスポンス・チーム「GovCert.nl(Dutch Computer Emercency Response Team)」。ただし,このボットネットを構成するオランダ国内のPCは3万台程度であるという。

 セキュリティ・サイトの記事では,このボットネットに関与したと思われる人物2名の身柄が既に拘束されていると伝えている。このうち1名あるいは2名とも,別のDoS攻撃に関する事件に関与した疑いもある。今後調査が進めば,逮捕者が増える可能性があるという。

◎参考資料
Big Honkin’Botnet - 1.5 Million!(SANS Institute)
Zombienetwerk bestond uit 1,5 miljoen gehackte computers(The Security Council)