PR

 日本オラクルは10月24日,同社のミドルウエア群「Oracle Fusion Middleware」のプラットフォームを拡大すると発表した。Oracle Application Server 10gだけでなく,BEA WebLogic ServerやWebSphere Application Server,JBoss Application Server,Tomcat上での稼働を正式にサポートする。ユーザーは,現在資産として持っているAPサーバーをそのまま使えるメリットがある。

 今回オラクルが対象にしているミドルウエアは,(1)複数のシステムを連携し,ビジネス・プロセスを実行する「Oracle BPEL Process Manager」,(2)複数システムのIDを管理する「Oracle Identity Management」,(3)開発ツールである「Oracle Application Development Framework」,(4)O-Rマッピング・ツールの「Oracle TopLink」----の4製品だ。

 日本オラクル執行役員システム事業推進本部長の三澤智光氏は,「TopLinkなど買収してオラクルの製品となったミドルウエアは,WebLogicなど稼働するAPサーバーを正式に発表していなかった。そのためユーザーには,オラクル製品としか連携しないのかという心配があったと思うが,今回の発表で他社製品と組み合わせて使えることが分かってもらえる」との考えを示した。

 これに加え,「Oracle Identity Management」が,Microsoft Active Directoryといった主要なLDAPディレクトリやシングル・サインオン製品を管理対象したことも発表した。また,「Oracle Fusion Middleware」は,開発環境としてEclipseも対象にすると発表した。これまで対象としていた開発環境は「Oracle JDeveloper」だけだった。

(松浦 龍夫=日経システム構築)