PR

 日本オラクルは10月24日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)実現に向けた新構想「ホット・プラガブル(Hot Pluggable)」を発表した。この構想により、同社のミドルウエア群「Oracle Fusion Middleware」を他社製ミドルウエアに対して「プラグを差す」要領で利用できるようにしたり(プラガブルにする)、逆に他社製ミドルウエアをFusion Middlewareに対してプラガブルにすることを狙っていく。

 日本オラクルの三澤智光 執行役員システム事業統括システム事業推進本部長は、「SOAに基づくシステムのプラットフォームは、1社の製品でカバーできるわけではない。既存資産を生かす意味でも、当社あるいは他社のミドルウエア製品をプラガブルにして、容易に連携・併用できる環境が不可欠」と話す。米オラクルは同社版SOAに当たる「Oracle Fusion Architecture」の特徴として、Comprehensive(包括的)、Unbreakable(堅牢である)と並んで、Hot Pluggableを挙げている。

 同社は、他社製品に対してプラガブルなFusion Middleware製品として、(1)BPEL(Business Process Execution Language)で作成したビジネス・プロセスに基づく処理を実行する「Oracle BPEL Process Manager」、(2)シングル・サインオン製品「Oracle Identity Management」、(3)J2EEアプリケーションとリレーショナル・データベースを連携(O-R=オブジェクト-リレーショナル・マッピング)する「Oracle TopLink」や、J2EEとビュー(StrutsやJavaServer Facesなど)をつなぐ「Application Development Framework」を挙げる。すでにプラガブル化を進めており、来年には一通り完了させる予定。

 (1)と(3)に関しては、日本IBMのWebSphereや日本BEAシステムズのWebLogic、オープンソースのJBossといったWebアプリケーション・サーバーを対象とする。オラクル製アプリケーション・サーバーのほかに、こうした他の製品でも動作できるようにして、複数の製品が混在する環境でもSOAに基づくシステムを実現しやすくする。(2)は、WebSphereやWebLogicに加えて、マイクロソフトのIIS(Internet Information Services)やActiveDirectory、サン・マイクロシステムズのSunOneなどを動作環境としていく。

 その一方で、Fusion Middlewareに対して他社製品をプラガブルにしていく。例えば、開発ツールとしてJDeveloperの代わりにEclipseを、データベースとしてOracleの代わりにSQL ServerやDB2などを使えるようにする。

 同社はホット・プラガブル構想を軸にSOAの普及に向けた体制を整備している。100人以上の社内エンジニアに対してSOAのトレーニングを実施。「現在では、さらにプロフェッショナル化するためのトレーニングを進めている」(三澤執行役員)。並行して、パートナー向けやエンドユーザー向けの研修を実施する。国産ベンダーと数社と具体的な協業を交渉中で、「そのうちの1社である日立製作所とは、BPEL Process Manager on Cosminexusのような形でできるかどうかを模索している」(同)。