PR
写真1 越川マネージャは「インターネット上でのアプリケーション共有の便利さを体験していただくために,破格の値段を付けた」と自信を見せた。
写真1 越川マネージャは「インターネット上でのアプリケーション共有の便利さを体験していただくために,破格の値段を付けた」と自信を見せた。
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは10月25日,インターネット上で会議ができるWebサービス「Microsoft Office Live Meeting 2005」を発表した。パソコンとインターネット接続環境があるだけで即座に会議に参加できるのが特徴。ライセンス販売は11月1日だが,試用版のWebダウンロードを本日より開始した。

 Office Live Meeting 2005は,ドキュメントやアプリケーションの共有,リモート・コントロールなどができるオンライン会議サービス。最大2000人の会議ができる。Outlookから会議の予定を立て参加者に招待メールを送付する,PowerPointのプレゼンテーション画面上で直接会議を開けるなど,Office製品との親和性が高い。

 同サービスの利用料が安価である点も特徴。月額利用料は15人が参加できる会議の場合で月額4万2400円。越川慎司リアルタイムコラボレーション製品マーケティングマネージャは「何度も会議を開くことを考慮すると,他社のサービスに比べて格安である」とアピールする(写真1)。

 現在同サービスは,マイクロソフトがホスティングにより直接提供しているが,今後通信事業者やプロバイダへの横展開も考えているという。